読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞風の吹くまま 気の向くままに∞

夢は 「人生50年」 。 自分勝手に生きている子持ち女の日々のつれづれ

『強く強く強く』がラブソングになった日。(このくらいの夢を見たっていいよね…?)

昨日のベスアの衝撃発表から一晩経って。

今日の空模様は曇り。

どんよりとした天気と相まって、気分がちっとも晴れやしない。

まったく!ちっとも気分が上がらないじゃないのさっ!

田口のばがぁぁぁぁぁっっ!!

 

 

これはあくまでもワタシの妄想であり願望である。

 

 

ベストアーティスト内で行われる「ジャニーズメドレー」

エイトさん達が歌う歌が『強く強く強く』だと発表されてエイトファンは沸いた。「それはラブソングでは無いっっ!!」と。激しく同意だ。

 

事前にTV局が行ったアンケートの集計結果には透明性が無い。

だけど普通に考えて『くくく』が上位を取ったとは思えない。

『熱いエピソードも添えて・・・』という一文があったから「得票数で1位を取った曲が選ばれる可能性は低いな」とは思っていたけれども。

それでも『くくく』を持ってくる意味が分からなかった。

 

あの衝撃が走るまでは・・・

 

田口の衝撃すぎる発表を受けてからの『強く強く強く』

登場してきたエイトさん達はどう見ても明らかに涙目に見えた。ワタシには。

≪明日はどっちだ≫で「三十路をすぎてめっぽう涙もろくなった」と語っていたけれど。

すばるの眼がうるんでいるのを観たのはいつぶりだろう・・・?

眼をうるませているヨコが上を向くのは、泣くのを我慢している時だよね・・・?

 

田口の事が大好きなヨコとすばる。そしてメンバー。

田口も彼らの、エイトの事が大好きだ。

 

KAT-TUNはエイトにとっての好敵手であり戦友だ。

いつも比べられ、競い、闘って、そして一緒に成長してきた相手。

そこで生まれたであろう絆はきっとあると思ってる。

 

だから。

それだから。

 

「私にとってはラブソングなんだ!」という想いでリクエストした人が居るとしたら申し訳ないけれども。

もしかしたらあのメドレーで歌うのは本当は別な曲だったんじゃないだろうか?

旅立つ事を選択した戦友に向けてのはなむけとして、エイトさん達が急遽差し替えを頼んじゃぁないだろうか?

だからエイトさんだけ露骨に浮いた曲選だったんじゃないだろうか?

 

ねぇ?

そうだったと思わせて?

そのくらいの妄想はしても許されるよね・・・?

ってか、そうでも思わないと

このモヤモヤとショックはいつまでたっても消化できないのよっっ!!

 

 

涙を我慢しながら歌うエイトさん達の姿とも相まって、

『強く強く強く』はワタシの中で

「エイトから田口へ向けたラブソング」という位置付けになった

そんな2015年、11/24の夜。