読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞風の吹くまま 気の向くままに∞

夢は 「人生50年」 。 自分勝手に生きている子持ち女の日々のつれづれ

【忍ミュ】シアターGロッソ公演は2.5次元ではなく、3次元だった!!

今年の1月に上演された【忍ミュ・第7弾】を池袋のサンシャイン劇場で観たときは、まさしく2.5次元の世界だったのですが、あらふしぎ!シアターGロッソに来たら3Dになりましたわよ!!?!?

池袋の公演との大きな違い(舞台の広さが違うのでセットの配置が多少違いましたが、基本の配置は一緒なのでワタシ的にはさほど大きな変更ではない)はたった一つ。ワイヤーアクションが入っただけ。なのに、たったそれだけでこんなにもガラリと様子が変わるとは!!

 

『シアターGロッソ』と言えばすぐに思いつくのが【戦隊ヒーローショー】な いも子。(ぶっちゃけ本気でゴーカイジャーは観に行けばよかったと今でも思っている)でもってヒーローショーといえばアクションなわけで、いも子的単純脳は『シアターGロッソ=アクション』というまことに単純な答えを導き出すわけでございまして、結果『シアターGロッソは飛んだり跳ねたりする劇場』というイメージを持っているわけなんでございますが、、、うん、そのイメージ、間違ってなかった…。

 

いやぁ、面白い。

劇場が変わるだけで、同じ演目なのに(Gロッソの特性を利用できるように初演とは多少演出を変えてはいますが、物語の本筋は変わっていないので「同じ演目」とさせていただきます)こんなにもイメージが変わるとは。

正直、1月に初演(池袋公演)を1度観ていたので「チケット取れなかったら別にいいかなぁ…」という感じだったのですが、これはあれです。「来といてよかった」です。まぁ、演出家さんによって主義が違うので、演劇すべてがこのような劇場によってイメージが変わるパターンになるわけではないんでしょうが。

 

【忍ミュ・第7弾】東京公演は今週末が千秋楽。引き続き初の地方公演である尼崎公演と静岡公演が控えておりますが、どうやらこちらも地方に合わせた演出を考えているようで、、、特に尼崎公演は『忍たま』自体の凱旋も兼ねているので気になるところ!家から近かったら絶対観に行ったのに…(つΔT)

 

今まで忍ミュにさほど惹かれる要素がなかったので「あぁ、忍たまもミュージカルやってるのかぁ」ぐらいだった去年までのワタクシ。

たまたま今年はワタシが気に入っている【兵庫水軍】さんたちが出る。ということで半ば野次馬的ノリでチケットを取ったおかげで、齢40過ぎでも色々と知らない世界を垣間見、新しいことを知るきっかけを与えてくれた作品になりました。

 

東京公演はのこり5公演。最後までスタッフ・演者の皆さまがケガなく無事に千秋楽を迎えられましように…。